人と仕事の関係

コピー機、複合機の発展は近年著しく、年々、便利なものが出て来ます。印刷のスピードの速さも各社がしのぎを削っていますし、価格競争もあります。でも、このような機会を扱うのは人です。人から人へと受け継がれる仕事のパートナーとして存在する機械の一つであるに過ぎないとも言えます。もちろん、便利で効率の良い機械が仕事を能率化してくれることは言うまでもないことですが、それと同じくらい大事であるのは使う人の気持ちです。人と仕事について考えてみましょう。

オフィスで皆が気持ちよく使えるように常にコピー機、複合機の手入れを行き届かせるとともにカスタマイズしてその存在を活かすと言うのも皆が気持ちよく使える一手であるとも言えます。何と言っても機械ですから、気持ちがあるわけではありません。でも、大切に使うことによって長持ちするという事は言えるでしょうし、効率化も図れるでしょう。また、元々デザインが入っているデザインコピー機もあります。本体にデザインが入っているので職場の雰囲気も変わるでしょう。デザインシートでカスタマイズすれば、傷等も隠せますし、見栄えも良いので、取引先のお客様がいらした時に明るく清潔感あるオフィスを見せる一つのアイテムになります。実際に使う人も気持ちよく使えます。要は人と仕事の良い関係を保つことが仕事の効率化を産み、事業の発展のみちを辿れるものなのです。