コピー機の選択基準

現在、日本にあるコピー機の主なメーカーとして挙げられますのは、キャノン、リコー、セイコーエプソン、富士ゼロックス、コニカミノルタ、京セラドキュメントソリューションズ、♯、沖データ、ブラザー工業、洋芝テック、ゼロックスです。どれも、CM等でも聞く有名なメーカーですから、皆様ご存知ですね。

このように、様々なメーカーから販売されているコピー機ですが、複合機も含めて選ぶ基準があります。ここで注意しなければならないのは価格のみに囚われないことです。ビジネスとしてコピー機を利用するには機能、スピード、面積、故障時の対応を念頭に置かなければいけません。その中で特に大事なのはスピードです。業務用のコピー機、複合機にはA4用紙印刷の分速による「コピースピード」が設定されています。この「コピースピード」で本体価格が決められますので選ぶときのご参考になさってください。また、価格のみで選ぶとしたら、シャープがダントツに安いです。このように何を基準に選ぶかを考えておくことも大事です。その業務により、選ぶ基準は分かれるでしょうから、しっかり精査なさって下さい。コピー機、複合機はどんなお仕事に置いても重要なものですし、必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。